« しばらくは土日は出勤 | トップページ | 暑いですね »

過去の思い出釣行③

春も実はいいときはいいのですが、

この時は潮が動きませんでしたdown

2008年3月2日のMOS・足摺ジギングツアー

最近好調との情報の元、六の瀬ジギングに行ってきました。本日お世話になる遊漁船も、足摺周辺の釣行には大変お世話になっている大生丸さんです。ハガツオ中心にカンパチでも釣れてくれたらと思っていましたが、天候は快晴べた凪とこの時期には珍しく恵まれたものの、潮の流れは下り気味というタフな状況となりました。「MOS・足摺ジギングツアー」ということで、特別チャーターさせていただきました。(福留船長、ありがとうございます)メンバーは、松山から8名(私、や~だくん、N井さん、T島さん、S川さん、T智さん、KMさん、M川さん)、高知から1名(N城さん)の総勢9名と大人数で挑みました。深夜2時頃、下ノ加江川河口側の船付場に到着。車から降りてタックル準備に取り掛かる。寒い・・・。単独参加のN城さんはすでに到着して車の中で寛いでました(汗)タックルの準備が終わった頃に、福留船長がやってきました。今回は人数が多いので、ひとり3タックルに制限しましたが、ロッドホルダーを前の船より多く作成したようで、次回はもう1本追加してもいいかなと思いました。早速荷物を積み込み、午前3時に出発しました。そして、後部仮眠室に5名、中央仮眠室に2名、私と一番若いや~だくんは操舵室の後ろにとうまく人数割りして、約2時間半ほど仮眠をとることとしました。しかし、仮眠室じゃないところはやはり寒かった・・・。東の空がかすかに明るくなり始めた頃、到着しみんな釣り開始の準備に取り掛かりました。近くではクエの針縄漁をしている漁船が操業しており、いかにも釣れそうな雰囲気が漂っていました。そんな時、六の瀬初挑戦のT島さんにヒット!突然のヒットに本人はちょっとパニック状態でやり取りをするも、ラインブレイク(痛)や~だくん曰く「ちょっとドラグが緩かったね、サイズは5キロくらいで十分獲れたと思うよ。」さすが、冷静な分析ですわ・・・。(私もそう思いました。)ばらした所で、ポイントを移動しました。しかし、たまにヒットするのはゴマサバ。これが居るなら、ハガツオも当たるのだが、今日は当たらない。午前7時を越えて気が緩みかけたその時、「ヒット!」の声が聞こえてきました。サバくんではなさそう。声の主はT島さんだ。今度は慎重にやり取りして無事にランディング。なんとか1本取れて一安心です。それからすぐに2本ほど追加しましたが、以降我慢の時間帯がやってきました。

2008030201

2008030202

2008030203

しかし、当たりが無い。他船も苦戦しているようで、無線でもいい情報が聞こえません。単発でネイリは当たりますが、数が伸びません。そして刻一刻と帰港時間が近づいてきました。そこで、私はおかず確保をすべく禁断の「サビキ」を投入することとしました。「50~80mでよう映りよる」との船長の声に即投入!即バイト(笑)あがってきたのは「ゴマサバ」でした。丸々としていて美味そうです。そして再度投入。今度は底近くでヒットしました。「キツ~!」#4000リールではやはり巻き上げはしんどい(汗)そこで、まじめにジギングしていたN城くんにヒットしました。このあと、何回かサビキを投入し、魚が掛かって回収する毎にネイリ他がヒットしました。ヒットしてるからと、私がジギングを開始すると当たりもありません(周りの人にも)やはり、サビキか?

2008030204

2008030205

2008030206

2008030207

2008030208

大幅に時間延長して釣りをさせて頂きましたが、当たりも無くなってきたので午後2時頃に六の瀬をあとにしました。帰港後、ツアーの目玉(?)である「MOS賞」授与ということで、最多3本(うち1本は3キロのネイリ)を釣ったN城さんに贈らせて頂きました。あめでとうございました。好調の話にのっかっての出撃でしたが、潮に恵まれずに不発に終わってしまいました。今回は今回として、次回には挽回できるといいなと思っています。参加して頂いたみなさん、お疲れ様でした。そして、長い時間釣りをさせて頂いた福留船長、ありがとうございました。またお願いします!

本日の釣果
ネイリ11(MAX3キロ、全てヒレナガ)、アカヤガラ1、ハギ1、ゴマサバ・ムロアジ少々

|

« しばらくは土日は出勤 | トップページ | 暑いですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばらくは土日は出勤 | トップページ | 暑いですね »