« 南米選手権、出るか | トップページ | 足摺沖の状況 »

悲しすぎる

未曾有の被害をもたらした今回の地震は老若男女関係なく、

悲劇を生みだしましたweep

その中で、目について悲しい記事を見つけました。

「児童8割死亡 石巻市立大川小学校」という記事です。

全児童108人のうち、24人しか生存が確認されていない(3/18)

教職員も無事だったのは13人のうち3名のみ。

記事より抜粋

地震が起きたのは、下校のバスが出る30分ほど前。心配して車で迎えに来た保護者もいたため、児童を校庭に集めて点呼していた。そこにいた大半の児童と教職員合わせて数十人が波にさらわれた。急いだのだろう、遺体でみつかった子どもたちの多くは上履きのままだった。水は2階建て校舎の屋根がわずかに見えるほどの高さまで達した。

 「お姉ちゃんとおそろいのセーラー服を準備して、新しい自転車も買って、一緒に中学校に行けるって楽しみにしていたのに」。孫で6年生の愛香さん(12)を失った加納たき子さん(61)は声をつまらせた。「お小遣いをためて友達2人と4月1、2日にディズニーランドに行こうとしていたんです。仲の良い友達3人とも巻き込まれてしまった。代われるものなら代わってやりたい」

 愛香さんの小さな遺体は、検視の手が足りないため安置所から家に帰れず、母親と中学2年の姉が新品のセーラー服を携え、そばに寄り添っている。最近、「やっと二重跳びができた」と喜んでいた愛香さんの弟悠登君(8)=同小2年=はまだ見つかっていない。

 今野昌利さん(52)、真由美さん(45)夫婦は、3年生の次男誠君(9)を自分たちの手で見つけた。地震2日後の13日、消防団員と校庭にたまった泥を必死にかき分けると、4人の子どもが身を寄せるようにして息絶えていた。その中に誠君がいた。

 「最近、野球やると言いだして、おれはけがが怖いからやめろって反対したんだ。庭で素振りをしてたのに、もうそれを見られないのか……」。今野さんはか細い声でつぶやいた。「あの状況では、遺体がみつかるだけ幸せです」と真由美さんは言った。「ほかの子たちをそのままにしておくのはかわいそう」。その一心で、消防と警察に「ここはうちらがやるので」と止められるまでの4日間、夫婦で作業を続けた。

うちの娘と同じくらいの子供が亡くなったりした記事を読むと

胸が痛くて仕方ありませんsad

地震発生直後のニュースでも、川向うの保育園に

迎えに行けず安否を心配していたお父さんやお母さんが

いましたが、無事再会できたのでしょうか?

千葉の親戚、甥や姪たちは大丈夫か、

気になっている今日この頃です。

|

« 南米選手権、出るか | トップページ | 足摺沖の状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南米選手権、出るか | トップページ | 足摺沖の状況 »