« 足摺沖の状況 | トップページ | たまには釣ります »

放射能汚染水浄化の秘策

原発からの放射能を含んだ汚染水の処理について、

浄化させることができる技術が開発されたそうです。

東工大の有冨正憲教授らのチームは、

市販の顔料を使っての浄化を、

模擬汚染水を使った実験で模擬汚染水100ml当たり顔料1gを

入れて処理したところ、ほぼ100%除去できました。

有冨教授は「福島原発で発生している汚染水に適用が可能だ。

土壌の浄化にも応用したい。日本の科学の英知を合わせて

復興に取り組むべきだ。」と述べました。

まさしくその通りですthink

日本にはたくさんの優秀な科学者や技術者が居ます。

そして、それを形にできる技術力があります。

それをフル活用して日本を再生していきましょうsign03

|

« 足摺沖の状況 | トップページ | たまには釣ります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足摺沖の状況 | トップページ | たまには釣ります »