« 次回はマグロ、カツオ希望 | トップページ | 過去の思い出釣行① »

みんな言いたいに違いない

与野党が逆転しようが、庶民のくらしは一向に上向きません。

結局、足の引っ張り合いで審議も前には進んでいません。

そんな状況に日本経団連の米倉弘昌会長が一言物申した。

自民党などの野党は早急に解散総選挙をと目論んでいる。

そこで勝って、再度与党としての活動したいと思っている。

なもんで、審議は止まったままになっている。

このような状況に米倉会長は、

「与野党の協力が必要なのに、今は国民のために何も仕事をしておらず、給料泥棒のようなものだ。」

と不快感を示しました。

私も、もっともだと思いました。

今の政治は選挙ありきの政治で、

本当の意味での民意を反映していない。

できないような公約はやはり掲げて欲しくないし、

もっと分かり易く現実的な政府の運営を望みたい。

一番は、国会議員からはじまり公務員の給料・賞与を

民間の中堅以下のレベルまで落として欲しいですね。

だって、金のために仕事してるんじゃないでしょ?

国民のために仕事をしてるんだから、

奉仕作業的に仕事をしてください。

もし、自民党が政権奪回したときに、

民主党は素直に与党案を呑むのでしょうか?

いや、間違いなく絶対に呑みませんpout

|

« 次回はマグロ、カツオ希望 | トップページ | 過去の思い出釣行① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次回はマグロ、カツオ希望 | トップページ | 過去の思い出釣行① »