« こだわりを捨てて | トップページ | 中途半端に停電 »

国際通貨としての円

昨今、ドルの求心力が弱くなったと言われますが、

そんなドルに一喜一憂していますdollar

会社の取引先のアメリカ、カナダ、メキシコなどは

ドルで決済しています。

当然、変動為替相場のいまは契約時と支払時の

為替差損益が発生します。

しかし、そんなことが関係無い会社があります。

そこは現地の通貨での決済です。

世界シェアが40%以上で、

日本で作ってからでは間に合わない製品をつくっているので、

現地で生産し出荷している。

残念ながら、うちは現地法人がありませんので無理ですがcoldsweats01

「基軸通貨」としての絶対的な地位を築いていたドルの価値が

下がり続けていて、強いドルの影が薄くなっています。

そんなときこそ「円」が世界に出て行き、

円をもっと使ってもらえるような環境を整え、

うちのような会社に光を当てて欲しいですhappy02

要は、円だてで取引をして円で回収するということ。

これなら、うちにも少しは利益が出そうですcoldsweats01

|

« こだわりを捨てて | トップページ | 中途半端に停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こだわりを捨てて | トップページ | 中途半端に停電 »