« 強豪国の憂鬱 | トップページ | コックとシェフ »

フランスは来るべきでなかった

今、テレビ中継で南アフリカとフランスの試合をしています。

またまた、レッドカードがチームの浮沈を決めそうです。

とは言っても、開催国の南アフリカが決勝トーナメントに

上がるのに必要なのは、得点をとにかく取って勝つこと。

もうひとつのグループAの試合、メキシコとウルグアイで

ウルグアイが1点差で勝って、南アフリカが4点差以上の

得失点差で勝てば、ウルグアイ、南アフリカが勝ち上がります。

フランスも、プレーオフでアンリの「ハンド疑惑」あったものの、

W杯出場できたのだから、最初からもっと頑張って欲しかった。

そんな中、FWアネルカの試合後のドメネク監督への批判で、

アネルカはフランスへ強制送還させられましたairplane

これに反発した選手たちは、練習をボイコットangry

これでは(内紛勃発=フランス革命?)、試合には勝てません。

こんな「ドロドロ」なランでなく、

アイルランドが参加したほうが面白かったかもしれませんcatface

|

« 強豪国の憂鬱 | トップページ | コックとシェフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強豪国の憂鬱 | トップページ | コックとシェフ »