« 南アフリカはやはり危険か | トップページ | 明日は恒例の健診 »

34時間、戦えますか

中国にある、iPod、iPhone、iPadなどの一連のアップル製品などの

製造を請け負っているFoxconnの工場で、

今年10人目の自殺者がでたそうです。

しかし、自殺で亡くなったのでなく自宅で深夜に呼吸困難から

急死した従業員もいるとの話がでてきているのですが、

会社は事実関係に関する説明を断固拒否しています。

午前7時に出勤してから、深夜残業~徹夜勤務~早朝シフトと

丸一日を工場内で過ごし、午後5時までの34時間の

連続勤務をこなし、翌日は午前7時から通常の出勤体制で、

残業で午後9時まで14時間の働きづめの殺人的勤務シフトwobbly

この会社、「自殺しません」念書まで書かせるとは、

とんでもない会社です。

ここでアップル自身が独自調査を行うことにdespair

さて、どのような調査発表するのでしょうかbearing

|

« 南アフリカはやはり危険か | トップページ | 明日は恒例の健診 »

コメント

bpysさん

こんばんはshine
単価が安くなるように、賃金が低い国に仕事をもっていっても、
また1から教えていかないといけない。
教育も整っていないので、教えるだけでひと苦労しそうです。
そのような国は、日本から遠くなるばかりで
運搬するコストも掛かる。
それだったら、もっと国内で仕事を回せないんかなbearing
内需拡大が、この国には必要だと思いますが。

投稿: KAJI | 2010年6月 7日 (月) 21:29

我々の便利な生活と、低価格の商品は
彼らの過酷な労働のおかげで成り立っているんですね。
感謝しないといけませんが、資本至上主義も、そろそろ限界が来ている気がします。

自殺者大国の日本もどうにかしないといけませんね。
民主党には自殺者を減らす政策はあるのでしょうか?

投稿: bpys | 2010年6月 7日 (月) 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アフリカはやはり危険か | トップページ | 明日は恒例の健診 »