« フランスは来るべきでなかった | トップページ | 日本の未来が開かれるか »

コックとシェフ

ちょっとサッカーネタが続いていたので、

ちょっと小ネタをcoldsweats01

私が子供のころは「シェフ」なんて言葉は知りませんでした。

どちらかというと「コック」のほうがなじみ深いですねhappy01

それが最近になると、「コック」より「シェフ」のほうが

耳にするようになりました。

さて、この「コック」と「シェフ」の違いは何でしょう?

コック=cook:英語、シェフ=shef:フランス語で言語が違うconfident

まあ、これは基本かwink

一般には「コック」と「シェフ」の違いは、

「コック」見習いの人とか普通の料理人のことで、

「シェフ」料理長のことを言います。

「コック長」=「シェフ」と言えますねsmile

テレビなんかでフランス料理店の紹介で、

シェフが白くて高い帽子を被ってますねdelicious

あれにも意味があるんですhappy01

帽子の高さは経験年数の長さによって区別されていますgood

見習いコック18cm、コック7年目以上23cm、

料理長またはそれ以上は35cmshine

つまりは、帽子が高いほど上の人なんですねhappy02

お店に行ったら、ちら見してみてくださいeye

|

« フランスは来るべきでなかった | トップページ | 日本の未来が開かれるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランスは来るべきでなかった | トップページ | 日本の未来が開かれるか »