« 深夜の釣り番組にて | トップページ | 明日は久しぶりに何もない »

中国との付き合い

中国広東省のホンダの部品工場がストで操業が停止し、

操業再開のメドが立っていないらしい。

中国人従業員が賃上げを求めるストライキを起こした影響で、

4つの生産工場が止まったままwobbly

日本人技術者との給与格差が問題らしいが、

それに見合う労働力があるとは思えません。

最近の中国はいい気になり過ぎのようです。

だいたい反日教育している国家のおひざ元で、

仕事なんてまともにさせてもらえないでしょうangry

日本の技術のいいとこ取りしたら、

国家戦略で資本凍結、施設略取されるのがオチdanger

「技術もの」は早く中国から撤収すべきだと思います。

反日国家よりベトナムみたいな親日国のほうが、

仕事もしやすいんですがcoldsweats01

ちなみに、わが社は中国から仕事をもらってとりあえず、

品物を納めましたが、現地にうちの従業員を派遣して

最後のチェックを行っています。

実は、数年前に私はここに何カ月か技術支援で

派遣させられるところでしたbearing

賃金格差のおかげで行かなくて済みましたがconfident

都合のいい時は先進国に仲間入りしたといい、

都合悪い時は、まだまだ発展途上国ですからという。

日本のODA(政府開発援助)のお金を、

海外の発展途上国(主にアフリカ諸国)にばらまき、

手なずけてる印象がぬぐえません。

中国から早く撤退しませんか?

対中ODAは、1979年に開始され、これまでに有償資金協力(円借款)を約3兆2079億円、無償資金協力を1472億円、技術協力を1505億円、総額約3兆円以上のODAを実施してきました。

|

« 深夜の釣り番組にて | トップページ | 明日は久しぶりに何もない »

コメント

bpysさんhappy01

こんにちはshine
確かに、釣具は中国、台湾とかで生産してますねcoldsweats01
どの商品も、日本ではコスト高でもう作れないでしょう。
でも、高くても「made in JAPAN」でないといけないものは必ず有りますから、
そこらへんは、海外に技術の安売りはしないで欲しいですねhappy01

投稿: KAJI | 2010年5月28日 (金) 15:11

そうですよねー。
釣具も結構中国でのOEMが多いのではないでしょうか?
安い中国製品もありがたいですが・・・

しかし、昔は日本メーカーもタイ・ベトナム・インドネシアなどが多かったと思います。

以前は、中国の方は仕事や会社に忠誠心が全く無いので、品質管理が出来ないと言っていました。
最近は改善されたのかもしれませんね。

インドネシアの方は、のんびりはしているが勤勉で器用だし、品質も非常に優れているとうかがったことがありました。

もうすでに、中国のパクリ自動車や原付が大量生産されているようです。気をつけないと、損するのは日本です。

投稿: bpys | 2010年5月28日 (金) 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜の釣り番組にて | トップページ | 明日は久しぶりに何もない »