« ベッカム、無念 | トップページ | 三井vs三菱 »

クロマグロ、どうなる?

中東カタールのドーハで行われている

「ワシントン条約第15回締約国会議」の注目議案、

『大西洋・地中海産クロマグロ(本マグロ)の禁輸案』fish

EU連合は基本、禁輸案に賛成しているようですが、

EU内漁業国への配慮から、1年間の猶予期間はあるようですが、

大西洋まぐろ類保存国際委員会が11月までに発表する

クロマグロの資源量についての新たな評価報告を受けてから

禁輸決定を見直す余地を残すなど慎重に議論すべきとしています。

反対国は、日中韓とオーストラリアで水面下で反対国を模索中coldsweats01

資源枯渇は確かに問題です。だったら禁輸でなく

禁漁期間を一時的に設けるとかしてもいいかもしれませんねconfident

クロマグロが禁漁や禁輸されたら、

補てんとしてミナミマグロが取引されて、一緒のことになるだろうと

ある日本人バイヤーが言っていました。

あまりクロマグロを食べる機会がありませんが、

全く食べれなくなるのも寂しいですbearing

|

« ベッカム、無念 | トップページ | 三井vs三菱 »

コメント

bpさんsun

反対国多数で否決されましたねdelicious
きれいごと言っても、生活が掛かった国には敵いませんbearing

資源量が明確にできない限りは、しばらく大丈夫でしょう。

確かにマグロの養殖ができるのであれば、
安価で大トロを食べれますよね~heart04

投稿: KAJI | 2010年3月19日 (金) 12:30

取引禁止は結局否決されたようですね。

取引禁止ではなく、禁漁期間や漁獲量制限とか、そっちの線で保護したほうがよさそうです。

獲りすぎて絶滅したり、自己繁殖不能にまで追い込まれては取り返しが付きませんが、
外洋を回遊する魚のことは、産卵や生態系への影響など、まだまだ分かっていないこともあるそうですから、もっともっと調査が進めばいい対策が見つかるかもしれませんね。

近大のマグロ養殖が商業ベースに乗れば我々の口にも入るときが来ますかね~?

投稿: bp | 2010年3月19日 (金) 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベッカム、無念 | トップページ | 三井vs三菱 »