« 低迷する愛媛FC | トップページ | イルミネーション »

機内手荷物大きさ制限

これまで国内航空各社で制限サイズがバラバラで、

空席状況などに応じて柔軟に対応してきたようですが、

今日から、機内に持ち込める手荷物の大きさの制限を

厳格化し、定時運航維持のため徹底することになりました。

キャスターがついたキャリーバッグの普及や自動チェックイン機、

インターネットなどで搭乗手続きを済ませる乗客が増えたことで

カウンターに立ち寄らない乗客が増加、

規定外の荷物が持ち込まれ、

収納に時間がかかって出発が遅れたケースが

年間5000件に上る航空会社も出ているということですsad

手荷物のサイズ
座席数100席以上の機体(よく目にする機体)
縦、横、奥行きの合計が1メートル15センチ以内
座席数100席未満の機体(主にボンバルのような小型機)
1メートル以内
制限を超える手荷物を機内に持ち込む場合は、
追加料金(片道一律1万円)を支払う必要があります。

手荷物について、詳しくはJALANAのHPへairplane

話をちょっと釣り寄りに変えますと、

ジギングの遠征などは、どうしてもタックルが重くて

重量制限に引っ掛かりますwobbly

お預り手荷物は、

JALは15キロまで無料、

それ以上45キロまでは別途料金が必要ですgawk

ANAは20キロまで無料、

それ以上100キロまでは別途料金が必要ですwink

ANAのほうが持ち込めそうですねsmile

例えば、

ステラ10000+スペアスプール1個 × 3台 ・・・ 約3キロ

オシアジガー2000 × 3台 ・・・ 約2キロ

ロッド × 6本 ・・・ 約2.5キロ

ロッドケース 1個 ・・・ 約4.5キロ

メタルジグを100g、150g、200g、250g、300g、350g

各10個で、13.5キロになります。

これだけで約26キロになっちゃいましたbearing

他にも、リーダー、結束物関係、ツール、衣料品とか含めると、

思った以上に重量がかさみます。

荷物にも割とお金が掛かりそうですねcrying

ちょっと昔に、屋久島、久米島、沖縄本島などに

遠征に行きましたが、よう行ったなぁと自分でも

感心しています。

私のお気に入りのTUMIにも対応キャリーバック(18~20インチ)があります。

|

« 低迷する愛媛FC | トップページ | イルミネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低迷する愛媛FC | トップページ | イルミネーション »