« しし座流星群 | トップページ | 今になって知ったこと 1 »

お酒に強い体質と弱い体質

さあ、そろそろ忘年会シーズンですねbeer

みなさんは、飲める人?下戸な人?

まあ、だいたいは飲める人でしょうsweat01

お酒を飲んで体内に吸収されたアルコールは、

肝臓で

「アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→二酸化炭素と水」

という経路で分解されます。

この「アセトアルデヒド」によってあの気持ち悪~い

感じにさせられるのですsad

そこで、アセトアルデヒドを代謝できる能力が

高いかどうか、自身がアルコールパッチテストを

してみましょうgood

アルコールパッチテストのやり方
1.絆創膏(バンドエイドなど)に、消毒用アルコールを数滴しみこませます。
(消毒用アルコールは、70~80%に薄めたアルコールで、薬局などで売っています。)
2.1の絆創膏を、上腕の内側の柔らかい部分に貼ります。
3.貼ってから7分経ったら絆創膏をはがし、すぐにガーゼがあたっていた部分の肌の色を見ます。ここで肌が赤くなっていれば、不活性型(まったく飲めない体質)です。
4.3で肌が赤くなっていなかった人は、さらに10分経ってから、同じ部分の肌の色をもう一度見ます。ここで肌が赤くなっていれば、低活性型(あまり飲めない体質)で肌の色が変わっていなければ、活性型(飲める体質)です。

どちらにしろ、飲み過ぎには注意ですよcoldsweats01

|

« しし座流星群 | トップページ | 今になって知ったこと 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しし座流星群 | トップページ | 今になって知ったこと 1 »