« ワイヤー鋼線曲げ | トップページ | 水産試験場の資料 »

自作用のアシストフック

以前は、製作済みのアシストフックを使っていましたが、

最近はお好みのフックで手作りしています。
以前の記事「自作アシストフック」、「自作アシストフック②

形と大きさがお好みなのが、

オーナーばりの「カルティバ・スティンガージギングフック

SJ-38TG」・「SJ-41TG」の5/0、7/0、9/0です。

主に、5キロくらいまでのハマチメインに使っています。

もっと大きい魚には、

シャウト!の「クダコ」の6/0、7/0です。
(シャウト!の各メタルジグの定価が下がってますね)smile

使っていないが、自作できるフックは

いろいろなものがでています。

・がまかつ:「SINGLE HOOK 62」、「TUNED 管ムロ

・カツイチ:デコイ「ジギングシングル・カトラス JS-2

・バリバス:「セリオラ

・ブリッジ:「アイアンホ-ネット

・MCワークス:「バナナフック」(桜花さんもご愛用)

などなどsmile

みなさんは、私のフックを見て「おっきくない?」と

言われますが、魚の口って割と大きいです。

それに、がっちり掛っていればばれにくいです。

20090228_fk

ランディング時に無理が効きますしhappy02

小物除けにもなるかと思います。

ちなみに・・・

スローピッチでやる時は、ロッドがちょっと

柔らかいものになると思いますので、

そういう時は、細軸のものが抜群です。

お勧めは、デコイ「ツインパイクDJ-88」ですね。

もちろん、お勧めジグはマリンベイト「烈風」です。

MARINE BAIT オンラインショップ

|

« ワイヤー鋼線曲げ | トップページ | 水産試験場の資料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイヤー鋼線曲げ | トップページ | 水産試験場の資料 »