« 速報2 | トップページ | 新規開拓もしたい »

近郊探索

今日は休みだったので、

釣友のわたしんさんと近郊探索してきました。

これからは、明るくなるのが早くなって、

早起きしないといけないのがつらい時期ですねcoldsweats01

朝3時半に現地集合で、まずはスズキ狙いをfish

開始してすぐにヒット!
01
50センチくらいのを釣りました。

その後すぐ、わたしんさんも同サイズをゲットhappy01

またまた、その後に私も同サイズをゲットfishfish

しかし、このあとぱったりと当たりが無くなり、

青物ポイントに移動としました。

9日にヤズ大を釣ったポイントに到着すると、

かなり遠くでナブラが有り、釣れそうな雰囲気ですshine

岸近くにベイト(カタクチ)がかなりいて、

投げていれば釣れるような気がしてきました。

そこに、射程距離に小規模ナブラ発生happy02

ふたりで一斉射撃sign01が、当たらないsign02

あらら、沈んじゃったsad

仕方ないので、とりあえずキャストnote

たらたら巻いていた私に、ドンsign01

またきたか~sign03

この前の獲物より、引きは重たいが同サイズと

想定してやりとりするも、なかなか寄ってこない。

タックルもこの前と同じ(ジグは違うが)なので、

大丈夫と信じて寄せていく。

何度か走られて、ちょとおかしいと感じながら、

ずりあげると、ちょと大きそうhappy02
02全長だと70オーバー
03ベイトを喰って、腹ぱんぱんshine
なんと9日のヤズ大より大きく、全長で

70センチを超えるハマチと呼べるサイズでした。

重さは約3キロ半でした。

帰って腹を割ると、10センチほどのカタクチを

たらふく喰ってました。

こりゃ、GIGが本気いいかもcatface

タックル
ロッド:スミス・ブローショットGS-86改
リール:シマノ・アルテグラアドバンス4000S
ライン:ユニチカ・シルバースレッドソルトウォーターPE・1.5号+フロロ5号
ルアー:タックルハウス・P-BOY15g(ブルー)

|

« 速報2 | トップページ | 新規開拓もしたい »

コメント

>bpさん
こんばんわhappy01
ポジショニングはケースバイケースでcoldsweats01
例えば、テトラで干底の時は、足もとの障害物がわかりますが、
満潮時は、海中の様子が分かりにくいです。
足元を走られてブレイクというのもありますので、
なるべく下に降りて、腕を伸ばしてロッドを前に出して
ブレイクしないように気を付けながらやり取りします。
昨冬、昨々冬、折角の大物をテトラの位置を見誤って
ラインブレイクしてしまい、かなり悔いてます。
ポジショニングさえ誤らなければ、何とかなったのですがcrying
同じ場所に通って、そこの地形を知るというのも大事ですよgood
2年前から、初秋からは釣れようが釣れまいが、
ほぼ同じポイントでやり通しています。
今年もそのつもりですsmile
やられっぱなしは嫌ですからねsweat01

投稿: KAJI | 2009年5月19日 (火) 22:51

こんばんわ
わざわざご回答くださりありがとうございました。
実は、私もリーダーは1mしかとっていません。シーバスタックルまんまなので・・・
先日、ライトショアジギ中に青物にひったくられるようなバイトがあり、後一歩と言うところで、水際に下りてしまい足元の根にすられてブレイクしてしまったので、迷走しておりました。ありがとうございました。長い人は5mもリーダーを取っていますが、KAJIさんのようにテクで何とかなるのですね。オドロキです。
自分も精進いたします。これからもよらせていただきます。

投稿: bp | 2009年5月19日 (火) 21:24

>bpさん
初めまして!
毎度のご訪問、ありがとうございます。

お褒め頂き恐縮です。
今使っている「スミス・ブローショットGS-86」というロッドは、
かなり古くからある機種で、ライトクラスといえどもかなり粘りが有ります。
ラインはPE1.5号ながら20lbクラスのものなので、思ったより強いものです。
ドラグ調整ですが、最初はリールの上でラインを引っ張って、感覚で「ジャー」と出る寸前にしています。(割といい加減かもcoldsweats01
次に魚を掛けたとき、ファーストラン後、折れるちょい手前まで、ドラグを締めてやり取りします。

他の方はしないと思いますが、ロッドが短いのでなるべく上に上げてやり取りします。
それでも駄目なら、その場所でちょっと高い所に移動してやり取りします。
それは、魚の動きと根の位置を見ることと、ラインの角度を付けてブレイクを防ぐようにする為です。
この状態で、魚を走らしたり巻いたりロッドを立てたり寝かしたりして、徐々に寄せていきます。
そして最後は、浅い所にずり上げして魚をハンドランディングして終了です。
昔から通っていた場所だからこそ冷静にできますが、初めての場所だとうまく取れるか自信は有りませんね。

リーダーですが、フロロの8、10号(30、35lb)を、ロッドの1/3くらいの長さ(私の場合は約1m)取るといいでしょう。
私は、結び目をトップガイドから出してキャストしているので、そのくらいになります。
リールの中まで、リーダーを巻き込んでやっている方もいますので、
自分のスタイルに合ったものを見つけるのもいいと思いますhappy01
私もこれまで何度も痛い目に合ってますので、日々精進するようしていますsmile

釣行時は、バリバスキャップ(白)にアングラーズハウスのライジャケを身に着けているので、
すぐ分かると思います。気軽に声掛けしてください

投稿: KAJI | 2009年5月19日 (火) 17:07

はじめまして、毎日楽しみに勝手に読ませてもらっています。
私も、松山~伊予方面にて釣行をしています。淡水は25年ほどやっていますが、ソルトはまだ二年目で、分からない事だらけなので、大変勉強になります。

そんなライトタックルでハマチを獲ってしまうなんて、すごいです。しかも、根が点在する場所で。考えられません。

いなすことも出来ないし、綱引きも出来ないし、どうやって仕留めたのですか?
あと、その場所ではリーダーは何号を何mとればよいでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありません。いつか現場でお会いできたら嬉しいです。

投稿: bp | 2009年5月18日 (月) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 速報2 | トップページ | 新規開拓もしたい »