« 大当たり | トップページ | ABBA »

ショックリーダー②

前回はショックリーダーの使い分けでした。
~おさらい~
・ナイロン
①河口、サーフなど障害物が少ない所
②オフショアでの、シイラなどのキャスティング
③ジギングで、ブイなどでの中層狙い
④歯が鋭くない魚狙い
・フロロ
①テトラ、磯場などのラインが傷みやすい所
②ジギングで、瀬や岩礁帯、漁礁周りを狙う場合
③太刀魚やサワラ、ハガツオなどの歯が鋭い魚狙い

今回は「号数」での使い分けです。
当然、メインラインや対象魚によって変えていきます。
・ナイロン
①スズキ、ヒラメメイン:5~8号(20~30lb)
②シイラ、カツオ、キメジ、ハマチ:8~18号(30~60lb)
③カツオ、マグロ:12~30号(40~100lb)
④曖昧すぎるので省きます。
・フロロ
①メバル、アジ、カマス:2号(8lb)
①ヒラスズキ、ハマチメイン:8~12号(30~40lb)
②ハマチ、カンパチメイン:8~18号(30~60lb)
少々太くても切っていくので、困ります:7~14号(25~50lb)

私が行っているポイントでの使い分けですので、
他の方に、ぴったり当てはまるかどうかは解りません。
細かく分類すると、もっと細かく分かれてしまうので、
使い分けを表すのはやはりちょっと難しいですねcoldsweats01

ライン号数参照:バリバス

|

« 大当たり | トップページ | ABBA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大当たり | トップページ | ABBA »